2009年11月06日

大型犬の病気

大型犬に多い病気で代表的なものは、骨の病気です。
大型犬も小型犬も、生まれた時の大きさはそれほど変わりませんが、その後の一年で、大型犬は小型犬の何十倍も大きくなります。
このとき、身体の成長とともに骨も急激に成長します。
このために大型犬には骨の病気が多いとされています。

・股関節形成不全
骨の病気のなかで最も多く、1〜3歳くらいの犬に発症します。
後足の両脚が貧弱で、腰がふらつき、ジャンプができなかったり、痛がったり、歩きづらいという状態になります。
骨の成長を促進させるためにカルシウムを余分に与えたくなりますが、過剰なカルシウム摂取は全くの逆効果になりますので、注意が必要です。

・汎骨炎(はんこつえん)
典型的な発育性の骨の病気で、1〜3歳くらいまでに発症し、2〜3歳以上でほとんどが自然に治ってしまいます。
発症すると、脚を痛がるようになり、跛行(はこう=片足を引きずって歩くこと)をはじめる場合もあります。
4本の脚のすべてを痛がりますが、すべての脚が同時に痛くなるわけではありません。
シェパードによくみられる病気です。

・骨肉種
骨にできる腫瘍で、ゴールデン・レトリバーやシェパードがかかりやすいとされています。
最良の治療法は、早期発見し、腫瘍のできた脚を切断し、抗がん剤療法を行うという方法ですが、1年以上の生存は比較的難しいといわれています。

・心筋症
心臓の筋肉の病気で、大型犬の突然死の原因の一つにもなっています。
苦しそうに呼吸をしたり、咳をしたり、やせてきたりといった症状が現れたら、この病気を疑ってみましょう。
posted by 犬の病気 at 14:39 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小型犬の病気

大型犬と小型犬では、飼い方も少しずつ異なりますが、かかりやすい病気も異なってきます。
それぞれの犬の特徴的な病気について知っておきましょう。

・膝蓋骨脱臼
小型犬の代表的な病気であり、すべての小型犬に多発します。
膝蓋骨(膝のお皿)がずれてしまう病気で、重症になると、足を引きずって歩くようになります。

・椎間板ヘルニア
代表的な腰の病気の一つです。
ダックスフンドに多くみられますが、シーズーやペキニーズなどにもみられます。

・軟口蓋伸長症
小型犬は呼吸の回数が比較的多いため、軟口蓋と呼ばれる口の奥の方にあるヒダが伸びて大きくなってしまう場合があります。
軟口蓋が伸びてくるといびきをかくようになります。
頭の短い短頭種では、ほとんどの犬がいびきをかきますが、短頭種以外の犬がいびきをかく場合は、この病気が疑われます。

・気管虚脱
気管の一部が細くなる病気で、8歳前後に発症します。
犬の喉を少し刺激して、1〜2回の軽い咳で済む場合は正常ですが、5回も6回も続けて咳き込む場合は、この病気が疑われます。
普段何もしないときでも咳をしている場合も、気管虚脱の可能性があります。

・心臓弁膜症
8歳を過ぎると、心臓病にかかる確率が高くなります。
最も多いのは心臓の弁の病気である心臓弁膜症です。
心臓病の最初のサインは乾いた咳です。
喉の刺さった骨を吐き出そうとするかのような咳を繰り返すときは要注意です。
動物病院を受診してください。
できれば、8歳を過ぎたら、心臓の定期検査を受けるようにしましょう。
posted by 犬の病気 at 14:39 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康診断キット

犬にも人間同様、病気の予防のためには定期健康診断が大切とわかってはいても、動物病院へ連れて行くことが難しいという方も多いと思います。
近くに動物病院がないという方や、医者嫌いの犬を飼っている方、大型犬を飼っている方、仕事が忙しくて連れて行く時間がない方など、事情はさまざまでしょうが、そんな方たちにおすすめなのは、健康診断用の検査キットです。

検査機関から発売されている検査キットを購入し、尿や便などを採取して郵送するという手軽さが人気を呼んでいます。
犬を病院へ連れて行き、押さえつけたりする必要がありませんので、犬にとってもストレスを感じない快適な健康チェックシステムといえます。

「わんわんチェッカー」は、犬の尿と便から、尿中の糖やたん白、潜血、PH、比重、便中の寄生虫を調べます。
尿の採取は、犬によっては難しいと思われがちですが、紙コップに採った尿をスポイトで吸い上げて採取する方法のほかに、排尿時にカット綿に尿をかけてしみこませたものを尿容器に入れて送る方法があり、簡単に採取することが出来ます。
尿や便を採取するために必要なものはすべて、検査キットに入っています。
価格は本体価格で4,700円です。

「AHCS(アックス)」は、問診表と一緒に数本の毛を採取して郵送するだけの、超お手軽な検査キットです。
12項目にわたる健康状態のチェックや、栄養バランスについての11項目をチェックすることができ、病気の予防や有無に役立たせることができます。
価格はどちらも3,300円(税込)となっています。
2種類をセットしたお得なタイプもあります。
posted by 犬の病気 at 14:39 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。