2009年11月06日

異物を飲み込んだときの応急処置

異物を飲む込むことが特に多いのは、子犬です。
子犬は好奇心旺盛で、何にでも興味を持ち、すぐに口に入れようとします。
一番大切なことは、飲み込みそうなもの、飲み込むと危険なものは、子犬の周りに置いておかないということです。
また、犬が口に何かを入れようとしたら飼い主の指示で止めさせるというしつけも必要です。

気をつけていても飲み込んでしまったというときのために応急処置を知っておきましょう。
異物を飲み込むことは病気とは異なりますので、応急処置を施すことで死なせずにすむ場合も多くなります。
応急処置の後、速やかに病院へ連れて行きます。

まずは、慌てて吐かせようとせずに、何を飲み込んだかを確認してください。
パチンコの玉などの丸いものなら吐かせても大丈夫ですが、尖った部分のあるものは無理に吐かせないようにします。
尖った部分で食道を傷つけてしまう場合があるからです。
飲み込んだ後でも苦しそうにしていない場合は、異物が胃の中に入っている状態です。
吐かせても大丈夫な異物なら、食塩を飲ませてみましょう。
体重10キロの犬で、5〜20グラム程度をスプーンで舌の上に置きます。
5〜10分で異物を吐くことがありますが、飲み込んでから時間が経ち、腸にまで達しているような場合は難しくなります。

異物が食道につまり、呼吸困難に陥った場合は緊急を要します。
小・中型犬の場合は、後ろ足を両手で持ってぶら下げ、何回か上下させて吐き出させます。
大型犬の場合は、横向きに寝かせ、胸の後方に手のひらを当て、前方へ向かってぐっと急激に力を入れて押します。

食べ物を詰まらせたときは、吐き出させるより、ボールペンの丸い方などを使って奥に押し込むほうが効果的です。
食べ物を詰まらせることが多いのは、小型の子犬、老犬、病気の犬などです。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(1) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132174652

この記事へのトラックバック

フレンチブルドッグのソース君/お客様の愛犬写真
Excerpt: どの子もMr.Aオススメのワンちゃんです。 (・e・) 今回はお客様のワンちゃん(フレンチブルドッグ)をご紹介させていただきます[:拍手:]。 本日はフレンチブルドッグ男..
Weblog: フレンチブルドッグとパグの服・洋服・ウェア[アトスショップのブログ]
Tracked: 2010-01-13 22:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。