2009年11月06日

目の病気

犬はもともと近視で、視力の弱い動物です。
反面、嗅覚が非常に優れているので、視力の弱さは、生活にそれほど影響していないと言われています。
もし失明してしまっても、慣れている場所では、何かにぶつかるなどの不自然な動きが目立たないことも多く、飼い主が失明に気付かないこともあるほどです。
それほど目の異常は見逃しがちですので、特に気をつけてあげましょう。

・外傷
犬の目の異常で一番多いのは外傷を負った際に起こる、細菌などによる二次感染です。
外傷を負うと、犬は痛みから目をつむってしまいます。
そのために、どんなにひどい傷があっても飼い主に見つけにくく、気付かれないことがよくあります。
犬が長時間目をつむっているような時は、動物病院を受診しましょう。

・眼瞼内反症と外反症
内反症はまぶたが内側に反転してしまっている状態のことで、外反症は、逆にまぶたが外側にめくれてしまっている状態のことをいいます。
犬種によって特徴的に見られる病気でもあり、内反症は、アイリッシュ・セッター、チャウチャウなどによくみられ、外反症はブルドッグ、ビーグル、コッカー・スパニエル、セント・バーナードなどにみられます。

・涙管閉塞
涙管が詰まる病気です。
涙がいつもあふれ出て、眼の内側の下のほうが涙やけを起こし茶色に変色するという症状がみられます。
マルチーズやプードルに多発します。

・白内障
老犬になると、白内障にかかる確率が高くなります。
ほとんどは後天的なものですが、先天的なものもあり、アフガン・ハウンド、シュナウザー、コッカー・スパニエル、プードルなどによくおこります。
白内障は、進行すると、最後は失明します。
早期治療によって回復は可能ですから、6〜7歳を過ぎたら定期検査を受け、早期発見に努めましょう。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132174648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。