2009年11月06日

耳の病気

犬は人間の約6倍の聴覚を持ち、視力の弱い犬にとっては、耳は、危険を察知するための重要な感覚器官となっています。
耳の病気にかかると、聴力が落ちてしまうこともあります。
聴力の落ちた犬は、音による危険の察知がし辛くなりますので、散歩中などは注意が必要です。

・耳ダニ感染
ミミヒゼンダニというダニが耳の中に寄生する病気です。
感染力が非常に強く、特に生後2〜3ヶ月の子犬が最も寄生されやすくなっています。
犬が頭を振ったり、傾けたり、耳をかくといったしぐさが見られたらダニの感染を疑いましょう。
寄生されると、黒く固まった耳垢になります。
定期的に耳の中をチェックして、異常を感じたらすぐに診察を受けましょう。

・外耳炎、中耳炎、内耳炎
外耳炎は、細菌やダニによる感染、アレルギー、腫瘍などの病気や、異物のつまりや耳垢などで、外耳道が炎症を起こす病気です。
外耳炎がひどくなると、中耳との境界にある鼓膜が何らかの原因で破れ中耳にまで炎症が広がり、中耳炎となります。
さらにひどくなると、内耳炎になります。
外耳炎はかゆみや痛みを伴いますので、犬は頭を振ったり、耳をかいたり、首を傾けたりというしぐさが多くなります。
中耳炎や内耳炎になると、膿が流れ出たり、耳から悪臭が出るようになります。
また、内耳が冒されると、一定の方向にグルグルと回り始めるなどの運動障害の症状もあらわれてきます。
部位が深いほど治療が難しくなりますから、異常を感じたら早めに受診しましょう。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132174646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。