2009年11月06日

抜け毛

春から夏にかけて、犬の身体は気温の上昇に反応して冬毛が抜け落ちる換毛が始まるため、たくさんの毛が抜けます。
また、季節に関係なく、常に少しずつ生えかわっていますので、普段から多少の抜け毛はあります。
どちらもそれが正常な状態であり、病気ではありません。

換毛の季節以外で、または、全身や一部の毛が異常に抜け落ちるような場合は、何らかの病気にかかっている可能性があります。
病気によって抜け落ちる場所や抜け方は違います。

・円形に抜けている
皮膚真菌症

・広範囲に抜けている
膿皮症

・目や口の周りが抜けている
ニキビダニ

・顔や足、背中や脇などが抜けている
アレルギー性皮膚炎

・お尻から背中にかけて抜けている
ノミアレルギー

・左右対称に抜けている
クッシング症候群、副腎皮質機能亢進症

細菌や寄生虫などからの感染が原因で起こる抜け毛は、感染源である細菌や寄生虫が退治されれば、その後2〜3週間程度で再び毛は生えてきます。
クッシング症候群や副腎皮質機能亢進症といったホルモンのバラスの崩れによる抜け毛は、治療を開始してから再び毛が生えるまでには、早くても1ヶ月程度かかります。
ホルモンバラスの崩れから来る抜け毛は、皮膚が黒ずんできたり乳房が大きくなってきたり、外陰部が肥大するといった症状も伴う場合が多くなります。

かゆみを伴わない抜け毛は気付かないことが多いので、ブラッシングを定期的に行ってチェックしましょう。
毛の長い犬種も気付きにくいので、毛をかき上げるようにして確認してあげてください。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132174641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。