2009年11月06日

大量の水を飲む

健康な犬でも、散歩や激しい運動の後にはかなり多くの水を飲みますが、水分が不足しているとは思えないにもかかわらず大量の水を飲むような場合は要注意です。
水を大量に飲むことは病気のサインの一つといえます。

体重別の、犬が一日に飲む水の量の目安を健康管理の参考にしてください。
・体重3キロ(マルチーズ等) 150ミリリットル前後
・体重10キロ(ウェルシュコーギー等) 500ミリリットル前後
・体重20キロ(プードル等) 1000ミリリットル前後
・体重30キロ(ゴールデン・レトリバー等) 1500ミリリットル前後
体重1キロあたり約50ミリリットル前後と考えています。
また、主食をドライフードにしている犬は、一般的に水を多く飲む傾向にあるようです。

水を大量に飲む原因となる、主な病気は次の通りです。

・腎炎
腎臓に炎症が起き正常な働きができなくなる病気です。

・膀胱炎
膀胱が細菌に感染し炎症を起こしたものです。

・子宮蓄膿症
メスの子宮内に細菌が感染し、膿が溜まる病気です。
中高齢期のメス犬に起こりやすくなります。

・糖尿病
大量に水を飲み、尿の量も通常の三倍くらいにまで増えた場合は、糖尿病の可能性が高いです。
人間と同じようにインスリン不足で起こりますが、肥満や妊娠で起こることもあります。

・クッシング症候群
副腎の働きが異常に活発になることで、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。
副腎や脳下垂体に腫瘍ができて起こる場合もあります。

・尿崩症
脳下垂体や視床下部に腫瘍や炎症が起き、尿をコントロールしている抗利尿ホルモンがうまく働かなくなって起こる病気です。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。