2009年11月06日

尿の異常 1

病気によってはある特定の症状を示す場合や、また逆に、症状から病気の種類を判断できる場合もあります。
犬の症状別に、可能性のある病気をまとめてみました。

身体からの排泄物である便や尿は、健康状態の目安でもあり、身体の異常を示すサインでもあります。
健康な状態の時の色や回数を、飼い主が知っていれば、何かの変化が起きたときにすぐに気付く事が出来ます。
日ごろから注意して観察するようにしましょう。

尿の異常には、色や濁りなどのほかに、量の多少の異常もあります。
犬の尿の量が多いのか少ないのかを判断することは難しいかもしれません。
普段から、一日に何回オシッコをするのか、一回でどれくらいの量をするのかをチェックしておきましょう。

【多い】
糖尿病や子宮蓄膿症などの病気のほか、ホルモンの分泌異常でおこる甲状腺機能亢進症、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、上皮小体機能亢進症、尿崩症などの病気が原因で起こります。
多尿の場合は、水をがぶがぶ飲む多飲の症状もあらわれます。

【少ない】
膀胱炎、急性腎炎、尿路結石といった泌尿器系の病気や、前立腺炎や前立腺肥大という病気が原因で起こります。
尿路を結石でふさいでしまう尿路結石では、尿はほとんど、あるいは全く出なくなるということもあり、犬は大変苦しみます。
尿が全く出ない状態が続くと、犬は、2〜3日間苦しんだ後で死に至るというケースもあります。
尿が出ないという場合は、すぐにでも動物病院へ連れて行ってください。
はぐきが白くなり呼吸や脈拍が非常に早くなる脱水症状や、不安定に歩き回ったりぐったりするなどのショック症状が起きた場合は、特に緊急を要します。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(1) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Excerpt: 「脱がない・舐めない・触られない」をお約束しますので、初心者の方やハードサービスのお店に疲れた方でも安心してお仕事して頂けます。
Weblog: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Tracked: 2014-03-08 10:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。