2009年11月06日

異物を飲み込んだときの応急処置

異物を飲む込むことが特に多いのは、子犬です。
子犬は好奇心旺盛で、何にでも興味を持ち、すぐに口に入れようとします。
一番大切なことは、飲み込みそうなもの、飲み込むと危険なものは、子犬の周りに置いておかないということです。
また、犬が口に何かを入れようとしたら飼い主の指示で止めさせるというしつけも必要です。

気をつけていても飲み込んでしまったというときのために応急処置を知っておきましょう。
異物を飲み込むことは病気とは異なりますので、応急処置を施すことで死なせずにすむ場合も多くなります。
応急処置の後、速やかに病院へ連れて行きます。

まずは、慌てて吐かせようとせずに、何を飲み込んだかを確認してください。
パチンコの玉などの丸いものなら吐かせても大丈夫ですが、尖った部分のあるものは無理に吐かせないようにします。
尖った部分で食道を傷つけてしまう場合があるからです。
飲み込んだ後でも苦しそうにしていない場合は、異物が胃の中に入っている状態です。
吐かせても大丈夫な異物なら、食塩を飲ませてみましょう。
体重10キロの犬で、5〜20グラム程度をスプーンで舌の上に置きます。
5〜10分で異物を吐くことがありますが、飲み込んでから時間が経ち、腸にまで達しているような場合は難しくなります。

異物が食道につまり、呼吸困難に陥った場合は緊急を要します。
小・中型犬の場合は、後ろ足を両手で持ってぶら下げ、何回か上下させて吐き出させます。
大型犬の場合は、横向きに寝かせ、胸の後方に手のひらを当て、前方へ向かってぐっと急激に力を入れて押します。

食べ物を詰まらせたときは、吐き出させるより、ボールペンの丸い方などを使って奥に押し込むほうが効果的です。
食べ物を詰まらせることが多いのは、小型の子犬、老犬、病気の犬などです。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(1) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応急処置 2

やけどや中毒などは、一瞬の油断で起こることが多く、飼い主も動転してしまいがちですが、冷静に応急処置をすることで命を落とさずにすむ場合も少なくありません。

・やけど
直接熱いものに触ってやけどをした時は、まず、水を掛けて冷やします。
犬が嫌がるようなら汚れを落とす程度でもかまいません。
やけどの範囲が広い場合は、滅菌ガーゼで患部を覆ってください。
氷と水を入れたビニール袋を患部に当てて、冷やしながら病院へ行きましょう。
飼い主の判断で薬を塗ることはやめてください。
ガソリンなどの化学物質を浴びてやけどをした場合は、石鹸や動物用シャンプーと水とで化学物質を洗い流します。
患部は真っ赤になり激しい痛みを伴っているはずですので、犬が痛がるようなら、無理にこの処置を行うことはやめます。

・中毒
中毒を起こしたものがわかっている時は、すぐに病院へ電話をします。
その場ですぐに応急処置について獣医から指示がある場合がありますので、指示に従って処置をしてから病院へ運びます
病院へは、毒物を容器ごと持参します。

・日射病、熱射病
犬は汗をかきませんので、暑さには弱い動物です。
炎天下や車の中への長時間の放置、暑い時期の日中の散歩などで、日射病や熱射病といった病気になります。
風のないような状態では特に危険です。
熱射病は、処置が遅れると脳に障害を起こして、最終的には死亡してしまうという怖い病気です。
応急処置としては、一刻も早く涼しい場所に移動して身体を冷やすということです。
水を入れた浴槽に頭を出して浸したり、ホースで直接犬の身体に水をかけたりして冷やします。
その後、頭を冷やしながら病院へ運びます。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応急処置 1

突然犬の具合が悪くなったり、交通事故を起こしたりした場合、動物病院へ連れて行く前に応急処置をしましょう。
知っておきたい応急処置についてまとめました。

・意識がない
まず呼吸の有無を確認します。
呼吸をしているときは、刺激を与えないように注意して病院へ運びます。
呼吸が止まっているときは、速やかに気道を確保します。
犬の舌をひっぱり出すと、呼吸はしやすくなります。
呼吸が回復したら病院へ運びます。
自発呼吸をしない場合は、人口呼吸を行いながら、一刻も早く病院へ運んでください。

・けいれん発作
まず、何かにぶつかって怪我をしないように、危険なものを取り除くか、安全な場所へ犬を移動させます。
けいれんの発作のほとんどは、てんかんや心臓の病気が原因で起こります。
病院へは発作がおさまってから連れて行きます。
発作の続く時間は、心臓の病気が原因の場合、10〜20秒程度、長くても1〜2分で治まります。
てんかん発作の場合は、通常は1〜2分程度で治まります。
発作を起こしている間は、声をかけたり、身体にさわったりしないようにしてください。
安心させるためと思っても、実は状態を悪化させることになります。

・出血
病院へ運ぶ前に止血します。
出血している部分より心臓に近いところを、包帯やタオルなどで強くしばります。
しばった内側へ棒を入れてねじるとより効果的です。
止血処置をしてから、そっと病院へ運びます。

・骨折
骨折していると思われる部分に無理に触らないでください。
手足の骨折で、骨が外から見えるような時は、救急処置が必要です。
傷口を消毒薬で消毒し、滅菌ガーゼで覆います。
できれば添え木を軽く当てて、病院へ行きます。
犬を運ぶときは、平らな板や段ボールなどを担架代わりにして運びましょう。
posted by 犬の病気 at 14:40 | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。